当店の最新情報、飲食店の起業や経営にまつわる話を中心に書きます。
今回は、最初のスタートラインの話を。


起業前のこと。

友人に「今度オムライス屋をやる。」という話をすると、

必ず聞かれた。

「なぜ、オムライス屋をやろうと思ったのか?」と。


理由は、おおまかに2つある。


①競合が少ない

 
例えば、日本人に人気のある料理、ラーメンやカレーライス等は、

専門店が山ほどある。

その中で生き残っていくのは、ごくわずか・・・、正直至難の業だ。(><")

でも、オムライスは皆に人気のある料理であるにもかかわらず、

専門店は少ない。

なぜか?

その理由ははっきりとは分からないけど、実際やってみて感じることはある。

まあ、その話はまた後日、、、。


②食材費

正確には、「ロスが比較的少ない」という事。

これは、飲食店にとっては、まさに死活問題だ。

以前、知り合いの紹介で、「寿司ダイニング」で働いたことがある。

とにかく!暇な店だった・・・。

お客さんが入ってこない。

すると、どうなるか?

寿司という料理において、一番重要な事は・・・「鮮度」。(たぶんね・・・。

その日の朝に、職人さんが市場に魚を買い付けに行き、

その日のうちに全て食べてもらう事が理想である。

お客様が来ない → 寿司が出ない → 魚が残る

ロス(食材廃棄)である。

案の定、その店は閉店してしまった、、、。(*_*)

その点、オムライスはいわゆる「洋食」というジャンルだ。

洋食の全てがそうだとは思わないが、基本的にソースや

煮込みがメインとなる。

これは、作り置きができて保存もきく。

仮にお客様が来ない日でも、食材を次の日にそのまま持ち越すことが

できるのである。


あとは、自分の料理の経験や経営の面を踏まえて、

「オムライス屋をやろう!」

と、決断したのであった・・・・・・。





神田たまごけん


こちら http://www.tamagoken.com/






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tamagoken.blog116.fc2.com/tb.php/70-f939a2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック